入会案内

MISSION・VISION・VALUE

JWPAについてINDEXへ戻る

ミッション

風力発電の普及・拡大を通じて、人々に安心で安定した暮らしを届け、持続可能な社会の実現を目指す。

ビジョン

脱炭素社会の実現に向け各界の知識、経験、総意を結集して、風力発電の最大限の導入、運用をリードする。風力発電を経済的に自立した主力電源にするとともに、国際的にも競争力のある風力発電産業を構築することを目指す。

2030年に向けて

  • 洋上風力 10GW、陸上風力 26GWの達成
  • 全国規模での系統一体運用の実現
  • 洋上風力関連産業の基盤形成

バリュー・行動指針

個社や個別の業界の短期的な利益に偏ることなく、長期的且つ国家的な視野に立って、風力エネルギーの利活用に必要な施策、政策を、責任を持って提案し実行していく。
そのために、以下を行動指針とする。

  • 優れた知見や経験を共有・結集し、風力エネルギー業界全体の健全な発展に努める。
  • 国際的視野に立ち、優れた手法や技術など世界のベストプラクティスを積極的に取り入れるとともに、世界に誇ることができる日本の知見、技術、経験を海外に向けて積極的に発信する。
  • 常に時代を見据え、イノベーション(革新・変革)を志向し、困難な問題にも建設的な解決策を提案することで、社会的に意義ある新しい価値を生み出すことに努める。
  • 子供から大人まで、風力エネルギーに興味を持ち正しく理解して貰えるよう、積極的に幅広い情報を発信し、社会全般の信頼と支持の獲得に努める。
  • 地域の特性に配慮した風力エネルギーの丁寧な開発や安全を優先した設備運用を通じて、地域の資源を最大限に活用し、地域の経済・社会の発展に貢献する。

SCROLL